コラム2020

  • HOME
  • 【スタッフコラム 2021-2-26】

スツールいろいろ

我が家には古い足踏みミシンがある。

それは海外のアンティークのような華やかさこそないけれど、精一杯の飾りがほどこされたレトロなミシン。

家中の古いタオルを集めて雑巾を作るときも、リネンの生地をたくさん買ってきてキッチンクロスを縫うときも、今でも頑張って働いてくれる私の大切な相棒です。

コラム01
さて、この足踏みミシンを使うときには、その都度、台所からダイニングチェアを持ってきて使っていました。
しかし、それがどうにも使いづらいのです。

なにしろ木の椅子って重いから、まず運ぶのが面倒くさいですね。
だからといってミシンの前に置きっぱなしにするのも邪魔。

そこでスツールを置いてみたのです。
軽いから持ち運びも楽だし、使わないときは部屋の隅にでも片付けておけばいいかなって。

コラム02   画像:スタッフ私物

今使っているこのスツールは、一般的なダイニングチェアより少し座面が高い53cm。

これがミシンを踏み込んだり・ちょっと腰掛けて作業するのに思いのほかちょうど良い高さ。
立ったり座ったりの動作が苦にならないのです。

( *´艸`) 思っていた以上に使いやすいかも

背もたれが無いから、振り返って物を取るのも楽々♪
作業のしやすさが全然違うから、私はビックリしちゃったのです。

コラム03   スツール:左 OL-LS-STRAW311D ・ 右 VC94-029

あれれ。
スツールって、こんなにすごいヤツだったっけ?

正直に言うと、今まで「小さくてパッとしないのよね」なんて勝手に思いこんでいたような気がする。

ごめんね、スツール。
すごいね、スツール。
ああ、もっと早く使っていれば良かった!


スツールいろいろ

スツールは「背もたれの無い腰掛け」のこと。
華やかなアンティークチェアと比べて、ちょっと脇役というか地味なイメージもあるかもしれません。

でもほら
ビクトリアンクラフトの店内にあるスツールをこうやって並べてみると、形も大きさも実に様々。

コラム04   画像:スツール各種

うーん。
こんなにたくさんあると、どれを選んだらいいのか迷っちゃいませんか?
「私の暮らしにちょうどいいスツールって、どれだろう?」って。


例えば、スツールの中でも特に大きくてカッコいいのがハイスツール。
その名のとおり座面の位置が高いから、スツールに腰掛けたときの目線の高さが立っている人と同じくらいになるのが特徴なんです。

これならカウンター越しに向かい合えるし、会話が弾みそう♪

コラム05   スツール:左 OL-THS-001R ・ 中央 OL-THS-001G ・ 右 VC70-229

この座面の高さは約75cm。デスクやダイニングテーブルの天板と同じくらいの高さです。
用途に合わせて座面の高さも違うから、どうも「スツールならどれを選んでも同じ」ってわけでもないみたい。

あなたなら、どんなスツールを選びますか?


使い方いろいろ

今回、私が選んだのは作業に使うスツール。

ミシンや手芸道具を広げたときにパッと持ってきて座れるものがいい。
そして手芸の時間だけじゃなくて暮らしの様々なシーンで便利に使えるものがいい。

そうなるとやっぱり、オーソドックスなスツールが一番使いやすいような気がする。

コラム06   スツール:左 VC94-029 ・ 右 OL-LS-PIMPER491M

オーソドックスな形とはいえど、モリス柄のスツールやアンティークスツールはシックな雰囲気。

趣味の作業に使うのはもちろんだけど、ドレッシングテーブルの前に置いたり、お客さんが来てテーブルに椅子が足りないときにポンポンと並べても良さそう♪

スツールがインテリアのオシャレなポイントになってくれるんです。

コラム07
シルエットの美しいスツールは、座っても眺めても優雅な気分♪
ピアノなど楽器の演奏用スツールにもピッタリですね。


立ち仕事の多いキッチンでもスツールは重宝します。

台所で突っ立ったまま下を向いて黙々と料理を作るのだけど、時間がかかると足も疲れるから、私は座って作業をしたいのです。

コラム08
最初は「キッチンチェアを置こうかなぁ」なんて思っていたのだけど、小さな台所では背もたれの付いた椅子は邪魔になりそう。

それに若い頃と違って、最近は椅子に1度しっかり座ってしまうと立つのが億劫になってしまうのよね…

こんなときには、軽く腰掛けるスツールのほうが身軽に動けて良い感じなのです。

コラム09   スツール:EB1-285004

キッチンで使うスツールは濡れたり汚れやすいから、座面が木のスツールも使いやすいと思う。

両手が汚れたり塞がっているときは、「行儀悪いけど…」なんて思いながらも、足で引掛けて動かしちゃったりできる気軽さも気に入っているんですよ。


座って使うほかに、ちょっと違う使い方もできるのもスツールならでは。
こちらは座面がフラットで頑丈なヴィンテージスツール。
低めのタイプをチョイスして、お子さんがお料理などのお手伝いをするときの足台にしても良さそうです。
(お子さんが落ちないように気を付けて!)

コラム10   スツール:赤 SB1-033 ・ 黒 SK1-STOOL-IRON-2

このスツールはスタッキングできるので、まとめて置いても邪魔にならないのがポイント。
無造作に重ねた姿もキュートなの♪

家の中で使うほか、家族とお庭でバーベキュー、なんてときにも活躍してくれますよ。


暮らしを楽しくするスツール

実際に使ってみてわかったのですが、スツールはかなりの働き者。

私はオーソドックスな1脚を選びましたが、これが私にとっては大正解。
コンパクトでタフで、用途に合わせて選んだあとは、ヒョイっと持ち歩いてオールマイティーに使いまわせちゃう気軽さが心地良いんです。

コラム11   スツール:OL-BSL

よりシンプルに・よりオシャレに暮らしたい現代の暮らしの中で、スツールはもっと活躍できるはず。

まずは1脚。
オシャレな相棒になってくれるスツールを、お部屋に置いてみませんか?


5年後も10年後も、もっと先まで。

色褪せることなく、あなたとあなたの家族の毎日を素敵にしてくれる。そんなアンティークをビクトリアンクラフトはお届けします。


ご紹介したスツールはオンラインショップでも販売中です。



オンラインショップに掲載されていない商品については、当店までお気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-11-3592
お問い合わせフォームはこちら

掲載されたアンティークやヴィンテージのアイテムは、SOLDになった時点で同じものはございませんのでご了承ください。


ビクトリアンクラフトの店内ディスプレイはFacebookやインスタグラム、ツイッター、LINE公式アカウント、LINEブログなどのSNSで随時更新中です。
また、YouTubeも始めましたので、ぜひご覧くださいね。


Facebook Instagram Twitter Youtube


LINEBLOG


LINE


◆過去のコラム

部屋と心に明りを灯せば

幸せキッチン、作りましょ♪

クリスマスと
アンティークとデコレーション

彩り豊かなモリスの世界へ
モリスデザインと暮らす

私の小さなワークスペース

お部屋の主役に才色兼備の
アンティークを置いて

「素敵」を運んできてくれる
テーブル雑貨たち

雨の日は
ステンドグラスを眺めながら

DIYで作る、暮らしの形

グリーンとインテリア
心豊かに満たす暮らし

小さな暮らしと
ゲートレッグテーブルと

ベッドルームと
アンティークの素敵な関係

アンティークデスクとビューローで、
優しい時間を過ごそう

アンティークで、「魅せる」
エントランスづくり、始めませんか?

ソファを使った居場所作り

ドアの向こうに続く物語
アンティークドア・オーダーメイドドア

ウィリアム・モリスのテキスタイル
美しい彩りにときめいて

ヴィンテージ家具と
オシャレに暮らそう。

雑貨で描く
インテリアの世界

空間に灯す光
ときめくペンダントライト

椅子から始まる暮らしの物語
アンティーク・ヴィンテージチェア

暮らしの真ん中に置く
アンティークのダイニングテーブル

シンボルとして輝く
アンティーク・ステンドグラス

日常空間の『美』は
ウィリアムモリスの壁紙で

チェスターフィールドソファで、
あなたらしいくつろぎを

\ Follow me /
法人・店舗オーナーの皆様へ
あなたの店舗をプロデュース お店の立ち上げやファサードの
設計・デザインまで。
オーナー様の想いを
カタチにします。
あなたの店舗をプロデュース
ページTOPへ