幸せキッチン、作りましょ♪

つい最近、小さな土鍋を買いました。
家でのパソコン仕事の合間には、この土鍋で1人分の炊き込みご飯を作ったり、小豆を煮たり、オーブンで焼きリンゴを作ったり。

たぶん昨年までの私なら、自分一人のお昼なんて冷蔵庫の中の余りもので簡単に済ませちゃうはず。 自分のためだけに台所に立って丁寧にお昼ご飯を作る日がくるなんて、思ってもみませんでした。しかし今年、新型コロナウィルスの流行で考え方が変わったんです。

「人生って、思っていたよりもずっと儚いのかもしれない。だとしたら家族と過ごす時間と同じくらい、自分一人の時間も食事も、もっと大切にしてみたい」と。


画像: キッチン雑貨サイドボード

キッチンで過ごす時間が長くなると、使いやすさを追求したくなるから不思議です。
レードルを壁に掛けたり、鍋の収納場所を変えてみたり。
料理時間を楽しくしたいから、オシャレな収納棚や作業台を置いてみようかな、なんて考えたり。

だって、毎日ただ下を向いて作業をこなすだけのキッチンなんて、つまらないでしょう?
あなたなら、どんなキッチンで時間を過ごしたいですか。

キッチンを自分の色に染めていく楽しみ


画像:スティックバックチェア

朝の食事の準備から夜寝る前の後片付けまで、キッチンは生活に欠かせない場所。

生活に密接したスペースだからこそ、自分好みのキッチンに改造して使う楽しみがあります。

食器や鍋、キッチンツールにこだわるのも楽しいし、
 作業台の扉についている取っ手を外してアイアンや真鍮の取っ手に替えたり、フックや棚を取り付けても素敵♪
DIYなら、素材やデザインにこだわったパーツ選びまで、楽しい時間になりそうです。

画像:DIYパーツ 

そして、生活感たっぷりのキッチンをオシャレにまとめ上げてくれるのがアンティークです。

天板が大理石になったウォッシュスタンドや、カップボードなどもキッチンやリビング・ダイニングでオシャレに活躍してくれる素敵なアイテム。

味わい深いアンティークを置くことで、キッチンやダイニングの雰囲気がぐっとこなれてくるんですよ。

 画像:カップボード・サイドボード

キッチンから見えるダイニング、ダイニングから見えるキッチン。 

どこから見てもときめくような、ワクワクするような、優しくて幸せな暮らしの風景を作れたら最高ですね。

スタジオママルのオーダーメイドキッチン

使いづらさを我慢しながら作業するには、キッチンで過ごす時間は長すぎるから
もし、今お使いのキッチンに不満を感じているのなら、思い切ってリフォームを考えてみてはいかがでしょう。

ビクトリアンクラフトでは、 アンティーク家具の並ぶ2階の真ん中に「スタジオママル」さんの素敵な木のキッチンを配置して皆さんをお待ちしております。

 

従来のキッチンに感じていた「無機質さ」とは違い、無垢の木で作られた開放的なキッチンからは優しく温かな空間が広がります。

「スタジオママル」さんのオーダーメイドキッチンは、国産無垢材にこだわった本物志向。

戸棚やキッチンの形・国内外メーカーのシンク・食洗器まで、キッチン周りの専門家ママルのキッチンデザイナーが細かく相談に乗ってくれる・提案してくれるから、理想のキッチンを作っていく楽しみがあるんです。

そして、使い手を選ばないベーシックな形も魅力のひとつ。 並ぶ鍋・食器・毎日使うキッチンツール、照明や家具などによってキッチンの雰囲気も変わっていきます。
住む人の暮らしに寄り添ってくれる、魅力の詰まったキッチンなんですよ。

画像:ダイニングテーブルダイニングチェアコンベックススツール・モリススツール

キッチンの真新しい無垢の木も、やがて暮らしの中でしっとりと手に馴染み、部屋に馴染み、ヴィンテージやアンティーク家具とも違和感なくゆっくりと溶け込んでいきます。

アンティークとキッチンが融合する「古くて新しいキッチン」は、心地よい調和に満ちた空間。
ゆっくりと味わいを増す飴色の作業台、家族と過ごした時間とともに育ってゆくキッチンって素敵です。

画像左:キッチンから見たダイニング、右:ダイニングから見たキッチン

ビクトリアンクラフトでは、「スタジオママル」さんのオーダーメイドキッチンとアンティークを組み合わせた素敵な空間づくりをご提案させていただきます。
ご自宅のリフォーム・新築をご検討の際には、当店までお気軽にご相談ください。
(TEL:0120-11-3592)

幸せキッチン

茶色い床、茶色い壁、茶色い天井。
毎日私が立つ台所は、大きな窓があるのになぜか薄暗くて寒い、昔ながらの昭和の台所。

この古い家に住み始めた当時、この台所はそれはそれはひどい状態で、流し台は水漏れで腐り、床も傾いていました。
(/ω\)あの頃は若かったので、転がるビー玉を見て夫婦で大爆笑しちゃったの。

この家に住みながら少しずつ材料を揃え
床を張り替え、ホームセンターで処分品の流し台(シンク)を買ってきて据え付け、
水漏れする蛇口を取り替え、壁にタイルを張り
、 やっと完成したかと思えば夫婦喧嘩をして台所で一人で泣いたり、
ケンカをしたかと思えば仲直りして一緒にご飯を作ったり…
(/ω\)思えば忙しい人生でした。

今回は、そんな懐かしい日々を思い出しながらコラムを書きました。

私は、機能的なキッチンもオシャレなキッチンも、結局は「幸せになるための道具やセット」のようなものだと思っています。

大事なのは、そこで暮らして幸せになること。
あなたやあなたのご家族に幸せになってもらうこと。
それが全ての始まりです。

画像:カップボード・サイドボード

さあ、幸せになれるキッチンを作りましょう。
キッチンで幸せを作りましょう。

ワクワクしたり、元気もりもりになったり、おいしかったり、心と体を癒してくれる、そんな欲張りなキッチンを作りましょう。

どうかキッチンで過ごす時間が、あなたにとって優しく幸せな時間でありますように。

では皆さん、良いお年を!

本文中でご紹介した、木のオーダーキッチン「スタジオママル」さんのホームページがございますので興味のある方は是非ご覧ください。

また、ご紹介したキッチン雑貨やDIYパーツ、家具などのアイテムはオンラインショップでも販売中です。

※オンラインショップに掲載されていない商品については当店までお気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル:0120-11-3592
お問い合わせフォームはこちら

掲載されたアンティークやヴィンテージのアイテムは、SOLDになった時点で同じものはございませんのでご了承ください。

ビクトリアンクラフトの店内ディスプレイはFacebookやインスタグラム、ツイッター、LINE公式アカウント、LINEブログなどのSNSで随時更新中です。
こちらも併せてご覧くださいね。