DIYで作る、暮らしの形

もうすぐ6月。
南からやってくる梅雨の気配に慌てながら、松本では初夏の花が満開になる季節です。

不要不急の外出自粛が続いた5月、皆さんはいかがお過ごしでしたか?
私は家で過ごす時間を持て余して、菜園づくりのほかに家のメンテナンスまで始めてしまいました。

DIYが得意な夫は庭の柵を直してペンキを塗ったり・廃材をかき集めてパーゴラを作ったり、
私は家中の家具をワックスでツヤツヤに磨いたり。

そしてお互いに相手の作業に口を出してケンカをしたり。
(/ω\)いやもう仲直りが大変で。

古い家を自分たちでリノベーションして暮らし始めてから、もう14年。

湿気で傷んだ床に新しい床板を張り、
ボロボロになった砂壁を漆喰で塗り替え、
お風呂場のタイルを張り替え。

家が小さいから・古いからと、あきらめて暮らすなんてもったいないから
この家をDIYで「私たちだけの家」に作り替えてきました。

ときどき派手に失敗して、盛大な夫婦喧嘩もするけれど(!)今でも家と庭に手を入れ続けているんです。

だって、家づくりは暮らしづくり。日々の風景の積み重ねが、人生を作ります。

家で長い時間を過ごす今だからこそ、
DIYで、楽しい「暮らしづくり」を始めませんか?

眺めて嬉しい・触って嬉しい DIYアイテム

「マイホームを建てて(買って)一生そこで暮らす」がスタンダードな日本では、日常的にリノベーションを繰り返す機会は少ないかもしれません。

しかし、DIY発祥の地イギリスは、人生のステージごとに家を住み替えて暮らす国。家は住人が変わるたびに住人の手によって、大なり小なりリノベーションが繰り返されます。

壁をペイントしたり・床を張り替えたり・ドアの設置にいたるまで。
普段は自分たちの手で・ときにはプロの手を借りながら、コツコツと理想の住まいと暮らしを作り上げていくのだそう。

そしてDIYパーツの美しさも、古い家をこよなく愛するイギリスならでは。

ビクトリアンクラフトでは、イギリスのようにパーツにまでこだわったDIYを楽しんでいただきたくて、大きなものから小さなものまで様々なDIYアイテムを揃えています。


画像:ドアノブ ・ ドアハンドルフック・ツマミ

例えば大掛かりなリノベーションじゃなくても
フックや小さなDIYパーツの素材にこだわったり・デザインを遊んでみたり、DIYの楽しみは尽きません。

家具の味気ない取っ手やドアノブなどのパーツも、レトロな真鍮やガラスの取っ手に変えるだけで、雰囲気はガラリと変わるんです。

特に直接手に触れる部分を自分好みのパーツに変えると、眺めて嬉しいし・触って嬉しい。
普段の生活がいつもより上質に感じられて嬉しくなるから、DIYに興味のない方にも、ぜひ試してみてほしいのです。


画像:ブラケット

このブラケット(棚受け)は透かし模様が素敵でしょう?

色も形も様々なタイプを揃えていますから、インテリアに合わせて・用途に合わせて選んでいただけます。

この他にも素敵なアイテムはたくさん!
あなたのお気に入りのアイテムを選んだら、海外のお洒落な街並みのようにエントランスやお庭の入り口を素敵にディスプレイしてみてはいかが?

ちなみに私は力仕事が苦手なので、
大きなDIYは夫に任せて、もっぱら室内の壁にフックをつけたり、良く使う道具や家具に持ち手・取っ手をつけて楽しんでいます。
( *´艸`)道具はドライバー1本♪

持ち手を付けた「まな板」は重くても持ちやすいし
フックにはエプロンを掛けたり、エコバッグを掛けたり

そんなことでも私の暮らしはちょっと便利になって、なんだか楽しい。


10年以上使い続けて黒ずんだけれど、素材は真鍮です。

アレコレ悩みながら選んで取り付けた小さなパーツも、私と同じ時間を過ごすうちに、やがて古びた味わいになる。

こうやってパーツが時間をかけて家に馴染んでいくのを眺めるのも、DIYの魅力なんです。

ときにプロの手も借りながら、リノベーション

この小さなドアの向こうには何があるんだろう。
素敵だと思う暮らしの風景には、物語があると思う。

( *´艸`)ちなみに掃除機が入ってます。

心の赴くままに棚を取り付けたり・好みの色でペイントしてDIYに自信がついたら、思い切ってお部屋の中を模様替えしてみるのも楽しいものです。

あなたはどんなお部屋に憧れますか?

湖のほとりのシャビーな古城、ロンドンのクラシックなお店、コッツウォルズのマナーハウス、または昔ながらの素朴な農園スタイル、でしょうか。

憧れるイメージを膨らませながら形にしていく作業って、ワクワクしちゃう♪

でも残念なことに日本の家は、つくりも素材も、憧れる海外の家とまるで違うのです。
ドアが違う、壁が違う、窓の外の景色が違う、ああ全部違う!

もっともっとディテールにこだわりたいと思ったら、そのときはプロの手を借りてリノベーションするのも一案。

リノベーションなんて言うと大掛かりな感じがするけれど
壁紙を変えたりドアを変えるだけでも、お部屋はドラマチックに変わります。


画像:ステンドグラスアンティークドアモリス壁紙

例えばアンティークのステンドグラスを使って、窓として壁やドアに組み込んでみてはいかがでしょう。

ビクトリアンクラフトでは、大切なご自宅のサイズに合わせて、ステンドグラスドアの製作を承っています。
ドアに組み込むステンドグラス選びから始まり、ドアの形・ペイントの色・ドアパーツまで、職人が1点1点ディテールにこだわって仕上げる本格オーダーメイドです。
ステンドグラスとオーダーメイド・ドアのコラムも併せてご覧ください。

ステンドグラスについてのコラムはこちら
オーダーメイド・ドアについてのコラムはこちら

そして壁紙には、こだわりのアンティーク家具に良く似合う、ウイリアムモリスの美しい壁紙をご用意しております。

ウィリアムモリス壁紙についてのコラムはこちら

ひとつ素敵になると、次はこちら・その次はあちら、というふうに、どんどん手を入れたくなるのがDIYの面白いところ。
そうやって新しく・美しく・何度でも、家は生まれ変わります。

暮らしの形は変わり続けるから


画像:アルファベット

自分の手で自分の心地よい暮らしを作る。それがDIYの魅力だし、自分の暮らしを見つめ直す「きっかけ」にもなるかもしれない。

長い人生の中で、生活スタイルは少しずつ変わっていきます。
暮らしの形が変われば、それに合わせて家も変わり続けます。

DIYを繰り返すたびに家が大切になるし、なにより暮らしが楽しくなる。

さあ、DIYで心地よい暮らしを作りましょう。
DIYアイテムを選んだその日から、私たちの暮らしは便利に・素敵に変わり始めますよ♪

5年後も10年後も、もっと先まで。

色褪せることなく、あなたとあなたの家族の毎日を素敵にしてくれる。そんなアンティークをビクトリアンクラフトはお届けします。

ご紹介したDIYアイテムはオンラインショップでも販売中です。
ビクトリアンクラフト オンラインショップはこちらから

DIYアイテムのページはこちらから

※オンラインショップに掲載されていない商品については当店までお気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-11-3592
お問い合わせフォームはこちら

掲載されたアンティークやヴィンテージのアイテムは、SOLDになった時点で同じものはございませんのでご了承ください。

ビクトリアンクラフトのディスプレイはFacebookやインスタグラム、ツイッター、LINEブログなどのSNSで随時更新中です。
こちらも併せてご覧くださいね。