コラム2020-09

  • HOME
  • 【スタッフコラム 2020-09-25】

私の小さなワークスペース

あなたは「書斎」というと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか。

私は父の書斎を思い出します。
障子と襖と6畳の部屋に、たくさんの本が詰まった大きな本棚が2つ。
そこへ古くて小さな文机を置いて、休みの日になると父は熱いコーヒーをすすりながら、いつもそこに座っていました。

そして家にお客さんが来るときは、必ず父の書斎に通されるのです。

父の書斎は、家の中でのパブリックスペースも兼ねていたのかもしれません。
いや、もしかすると他に居場所がなくて客間に居ただけなのかも・・・

今思うと懐かしい、昭和の頃の思い出です。


自分仕様の書斎スペース

コラム01   画像:ロールトップデスク

もしあなたがご自宅に自分専用の書斎を作るなら、どんなお部屋・スペースになるのでしょうか。

仕事をするだけじゃなくて、夢を叶えるための資格の勉強だったり、趣味でミニチュアを作ったりマンガを描いたり。
家の中に自分専用の書斎スペースがあるっていいものです。

コラム02
大きな部屋に立派な書斎を作っても良いし、
または「押し入れ」「階段下」などの使いづらい空間を改造して書斎を手作りするのも居心地が良さそう。

改造といっても、大掛かりなDIYが必要というわけでもありません。
例えばアンティークのビューローをひとつ、お部屋にポンと置くだけで、あなただけの書斎作りが始まります。

コラム03   画像 左:ダイニングチェア ・ 右:ビューロー

たくさんの椅子の中から選りすぐった素敵な椅子を置いて、デスクランプを置いて、小さな本棚に本を並べて。

家具や雑貨のコーディネート次第で雰囲気がガラリと変わるのも面白いところ。
リビングの目立つところに置いても、インテリアのポイントにもなっちゃうくらいオシャレなのです。


ビューローやデスク、デスクランプなどの雑貨についてはこちらのコラムでもご紹介しています。
併せてご覧ください。
コラム202001

さて、書斎というと本棚を置くことも多いかと思うのですが、クラシックなものからモダンなものまで、イギリスアンティークならサイズもデザインも様々。

インテリアに合わせて好みのものをチョイスできるのが嬉しいですね。

コラム04   画像:ビューローブックケース

そして本棚が置けない場所で便利なのがトロリーです。

仕事や趣味の道具・書類一式を載せてコロコロ移動できるから、準備も片付けも簡単。

手の届く範囲に必要な物が全部揃っている「自分仕様の書斎」が簡単に作れちゃうのです。

コラム05   画像 左:トロリー ・ 右:トロリー

ダイニングテーブルの横に置きっぱなしでもオシャレだし
お手持ちのデスクが小さくても、天板を拡張できるトロリーを選べば大きな作業スペースを確保できちゃう。←( ゚Д゚)これ大事です!

小さなスペースでも・・・
いえいえ、小さなスペースこそ工夫のし甲斐があるというもの。

イギリスアンティークのように、小さな空間を最大限利用できるように工夫を凝らした家具を使えば、どんな場所だって素敵な書斎スペースになっちゃうんです。

あなたの遊び心で選んだ雑貨をプラスすれば、居心地の良いの書斎の完成です。

コラム06   画像 左:ブックエンド ・ 右:シークレットボックス

自分だけの空間を思うままにカスタマイズして、自分仕様の書斎作りを楽しんでくださいね。



私の小さなワークスペース

さて、私の書斎はというと、・・・床も壁も茶色い台所です。
オシャレじゃなくてごめんなさい。
(ネットで検索したらオシャレな書斎ばかり見つけてしまい、しばらく立ち直れそうにありません)

私はこの茶色い台所の片隅のテーブルで、冷めたコーヒーをすすりながら時々パソコンの仕事もしています。

コラム07
このテーブルは2人用の小さなダイニングテーブル。
家族が増えて食卓用としては小さくなってしまったので、私専用の作業テーブルとして使っています。

これを書斎と呼べるのかどうかわからないのだけど、ここは確かに私の小さなワークスペース。
デスクライトを追加したり文房具にこだわったりと、少しずつ居心地よく変わっていく過程を楽しんでいます。
(あとはレトロなトロリーを揃えることができたらいいなぁ)

家事をしながらパソコン、子どもの習い事の送迎や夕飯の準備の隙間時間にパソコン。
そんな私には台所の片隅でパソコンを広げるのがちょうどいいのです。

コラム08
本当はオシャレなデスクを買うつもりだったのだけど、もう少しの間、このテーブルと一緒に暮らそうかな。

小さなダイニングテーブルでは、子どもの洋服を縫ったり、子どもと一緒に小麦粉をこねてパンを作ったりしたこともありました。
あっという間に大きくなってしまった子どもたちを、もっと抱きしめておけばよかったと、私は悔やんでいます。
親になるって本当に難しい。

テーブルには、たくさんの後悔とささやかな幸せが詰まっています。
そんなこんなで私は冷めたコーヒーをすすりながら、今日もこのテーブルで仕事をするのです。

5年後も10年後も、もっと先まで。

色褪せることなく、あなたとあなたの家族の毎日を素敵にしてくれる。そんなアンティークをビクトリアンクラフトはお届けします。


ご紹介したデスクやチェア、雑貨などはオンラインショップでも販売中です。
  ビクトリアンクラフト オンラインショップはこちらから


※オンラインショップに掲載されていない商品については当店までお気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-11-3592 お問い合わせフォームはこちら

掲載されたアンティークやヴィンテージのアイテムは、SOLDになった時点で同じものはございませんのでご了承ください。


ビクトリアンクラフトの店内ディスプレイはFacebookやインスタグラム、ツイッター、LINEブログなどのSNSで随時更新中です。
こちらも併せてご覧くださいね。


Facebook Instagram Twitter


LINEBLOG


LINE

LINE公式アカウント始めました!
イベントや新入荷商品のご紹介など、さまざまな情報を発信していきますのでぜひお友達追加してください!

◆過去のコラム

お部屋の主役に才色兼備の
アンティークを置いて

「素敵」を運んできてくれる
テーブル雑貨たち

雨の日は
ステンドグラスを眺めながら

DIYで作る、暮らしの形

グリーンとインテリア
心豊かに満たす暮らし

小さな暮らしと
ゲートレッグテーブルと

ベッドルームと
アンティークの素敵な関係

アンティークデスクとビューローで、
優しい時間を過ごそう

アンティークで、「魅せる」
エントランスづくり、始めませんか?

ソファを使った居場所作り

ドアの向こうに続く物語
アンティークドア・オーダーメイドドア

ウィリアム・モリスのテキスタイル
美しい彩りにときめいて

ヴィンテージ家具と
オシャレに暮らそう。

雑貨で描く
インテリアの世界

空間に灯す光
ときめくペンダントライト

椅子から始まる暮らしの物語
アンティーク・ヴィンテージチェア

暮らしの真ん中に置く
アンティークのダイニングテーブル

シンボルとして輝く
アンティーク・ステンドグラス

日常空間の『美』は
ウィリアムモリスの壁紙で

チェスターフィールドソファで、
あなたらしいくつろぎを

法人・店舗オーナーの皆様へ
あなたの店舗をプロデュース お店の立ち上げやファサードの
設計・デザインまで。
オーナー様の想いを
カタチにします。
あなたの店舗をプロデュース
ページTOPへ