コラム2020-08

  • HOME
  • 【スタッフコラム 2020-08-28】

お部屋の主役に才色兼備のアンティークを置いて

今から10年ほど前でしょうか、私の両親は住み慣れた家を手放してマンション暮らしを始めました。
そのとき母は小さなキャビネットを買いました。

民藝運動の流れを汲む少し古いキャビネットは、アーツアンドクラフツ運動にルーツがあるせいか、イギリス家具の面影を宿した素敵な佇まい。
無機質な白い壁に囲まれた部屋に置くと、あっという間に美しい陰影を作り出してくれました。

コラム01   画像:ディスプレイキャビネット

母はそこへ様々な「お気に入り」を並べています。
私が贈った切子細工のグラス、父と二人で旅行したときに買った中国茶器、孫が生まれた記念のメモリアルプレート、お高いかしらと迷いながら買った来客用のティーカップ・・・。

それぞれテイストの違う・個性の強い「お気に入り」たちは棚にキチンと収まって、キャビネットの中には母だけの世界が広がります。


そして母のキャビネットは、部屋に訪れた人の視線を誘い込むのがとっても上手。
私も母のマンションへ行くと、ついついキャビネットの中を覗いてしまう。
そしてしばらくの間、母の思い出話に付き合うのです。

コラム02
母は毎日キャビネットを眺めながら、今日も「お気に入り」と一緒に暮らしています。

私は母がキャビネットを買うまで、キャビネットの中にこんな豊かな世界が広がっているなんて知りませんでした。

「こんな暮らし方も素敵かもしれない」と思うと、私は母のキャビネットがちょっぴり羨ましいのです。


箱もの家具は才色兼備

アンティークのキャビネットやカップボード、サイドボードからブックシェルフまで。
ビクトリアンクラフトでは、たくさんのアンティーク家具に雑貨をディスプレイしています。

ほら、
色とりどりの雑貨も、お互いにケンカすることなく棚へ収まって素敵な雰囲気でしょう?

小さな雑貨やティーカップを置いた棚の上には、美しい調和の世界が広がっています。

コラム03   画像:アンティーク風に製作したオリジナルの店舗什器

アンティーク家具って、とっても有能だと思う。
エレガントだったりスタイリッシュだったり、家具そのものがインテリアの主役として美しい。
しかも、まるで絵画を収める美しい額縁のように、中に収めた雑貨の魅力を上手に引き出してくれるんです。


収納が得意な家具って実はディスプレイも得意。
美しくて仕事もできる、まさに才色兼備な家具なんです。

お部屋の主役に

コラム04   画像:左キャビネット ・ 右サイドボード ・ ゲートレッグテーブル ・ チェア

才色兼備な家具は、インテリアの主役にピッタリだと思う。

今のマンションや新築の一軒家って、キッチンとダイニング・リビングがひと続きになっているお家も多いでしょう?

大きな空間にゆったりソファを置いたり、お気に入りのテーブルを置いたり。

でも、どこかパッとしないありふれた風景になってしまうと感じたら、ぜひ主役としてサイドボードやキャビネットを置いてみてください。

持て余していた大きな空間にも素敵なメリハリをつけてくれるはず。

コラム05   画像:サイドボード

例えば、作り付けの収納スペースは扉を閉めると壁の一部のようになって存在をキレイに消してしまうけど、アンティーク家具の場合はその反対。
人の視線を誘い込むような、強い魅力というか独特の存在感があると思う。

だから、部屋のドアを開けた瞬間にグイっと人目を惹きつけてしまうし、オシャレなイメージをきちんと印象づけてくれるのですね。

コラム06   画像:サイドボード

このどっしりとした存在感のサイドボードなんて、装飾も美しいうえに百戦錬磨の貫禄。
ついつい視線が引き寄せられてしまうから、ディスプレイも楽しくなっちゃう。

毎日なんとなく眺めているうちに、家具の話、雑貨の話、思い出話と自然に会話が弾んでしまう、そんな家具と暮らせたら素敵だと思いませんか?


自分だけの「オシャレ」を形にしよう

コラム07   画像:サイドボード ・ ビューローブックケース ・ チェア

ビクトリアンクラフトの店内はレイアウトもディスプレイも頻繁に変わるけど
どんなに変えたって、必ずビクトリアンクラフトらしい雰囲気になるのが面白いなって、いつも思ってる。
変わり続けてるのに、ずっと変わらずに心地良いのはなぜだろう。

母のキャビネットにはアレもコレもと詰め込んであるのに、
何を詰め込んだって母らしいし、オシャレに収まってしまうのはなぜだろう。

答えはきっとアンティークの中にある。

コラム08   画像:カップボード

お部屋の主役にアンティークを置いてみませんか。

食器を収納したって良いし、趣味の道具を並べたっていいと思う。
写真や本、私の母のように好きなものをなんでも詰め込んで眺めるのも素敵な使い方。

アレコレと試しながら、手を加え続けて・変わり続けて。
自分の思う「オシャレ」を形にしていくのは、とても楽しい。

アンティークのある暮らしは、きっと私たちの日々を・心を豊かに満たしてくれるはずだから。



5年後も10年後も、もっと先まで。

色褪せることなく、あなたとあなたの家族の毎日を素敵にしてくれる。そんなアンティークをビクトリアンクラフトはお届けします。


ご紹介したキャビネットやサイドボードなどはオンラインショップでも販売中です。
  ビクトリアンクラフト オンラインショップはこちらから

  キャビネット・ブックケースのページはこちらから

  サイドボード・カップボードのページはこちらから


※オンラインショップに掲載されていない商品については当店までお気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-11-3592 お問い合わせフォームはこちら

掲載されたアンティークやヴィンテージのアイテムは、SOLDになった時点で同じものはございませんのでご了承ください。


ビクトリアンクラフトの店内ディスプレイはFacebookやインスタグラム、ツイッター、LINEブログなどのSNSで随時更新中です。
こちらも併せてご覧くださいね。


Facebook Instagram Twitter


LINEBLOG


LINE

LINE公式アカウント始めました!
イベントや新入荷商品のご紹介など、さまざまな情報を発信していきますのでぜひお友達追加してください!

◆過去のコラム

「素敵」を運んできてくれる
テーブル雑貨たち

雨の日は
ステンドグラスを眺めながら

DIYで作る、暮らしの形

グリーンとインテリア
心豊かに満たす暮らし

小さな暮らしと
ゲートレッグテーブルと

ベッドルームと
アンティークの素敵な関係

アンティークデスクとビューローで、
優しい時間を過ごそう

アンティークで、「魅せる」
エントランスづくり、始めませんか?

ソファを使った居場所作り

ドアの向こうに続く物語
アンティークドア・オーダーメイドドア

ウィリアム・モリスのテキスタイル
美しい彩りにときめいて

ヴィンテージ家具と
オシャレに暮らそう。

雑貨で描く
インテリアの世界

空間に灯す光
ときめくペンダントライト

椅子から始まる暮らしの物語
アンティーク・ヴィンテージチェア

暮らしの真ん中に置く
アンティークのダイニングテーブル

シンボルとして輝く
アンティーク・ステンドグラス

日常空間の『美』は
ウィリアムモリスの壁紙で

チェスターフィールドソファで、
あなたらしいくつろぎを

法人・店舗オーナーの皆様へ
あなたの店舗をプロデュース お店の立ち上げやファサードの
設計・デザインまで。
オーナー様の想いを
カタチにします。
あなたの店舗をプロデュース
ページTOPへ