コラム2020-03

  • HOME
  • 【スタッフコラム 2020-03-27】

小さな暮らしとゲートレッグテーブルと

今年は、大きな不安を抱えた春になってしまった。
テレビを見ても新聞を見ても不安は増すばかり、気分は滅入るばかり。

ところが、こんなときでも待ったなしで季節はめぐってくるのですね。
3月末ともなれば、もう桜が咲く季節。
窓の外に目をやれば、我が家の庭も梅の花が咲き始め、信州の遅い春を告げています。

この地に暮らし始めて最初に庭に植えたのが、この梅の木。
梅の花に近づくと、春の香りがする。


私事で恐縮なのですが、実はこの春、息子が一人立ちするのです。
引っ越しの準備に追われ、私はなんとも気忙しくてソワソワと落ち着かない毎日を過ごしています。

正直言って、成長期の息子は「歩く胃袋」です。
毎日たくさん料理して食卓にお皿を並べるのだけど、そんな日々もあと少し。
引っ越しの準備を手伝いながら、ふと私は「テーブルが広くなっちゃうな」って思ったのです。


家族みんなでテーブルを囲んでいたときは「ちょっと小さい」とさえ思っていたダイニングテーブル。なのに、二人で暮らす小さな暮らしには、大きすぎて持て余してしまうような気がする。

「そろそろ小さいテーブルが欲しいな。」

テーブルを買う機会なんて、人生のうちでそう何度もあるわけじゃないけれど
たぶん、今がそのタイミングなのかもしれない。

あなたならこんな時、どんなテーブルを選びますか?



小さな暮らしとゲートレッグテーブル


『大は小を兼ねる』とはいうけれど、二人で過ごす小さな暮らしにファミリーサイズのダイニングテーブルは大きすぎて野暮ったい。
だからと言って小さなテーブルを選べば、今度は家族みんなが集まってテーブルを囲むときに窮屈です。

そんなときこそ、ゲートレッグテーブルの出番だと思う。


ゲートレッグテーブルとは、折りたたんだ天板を広げてテーブルを大きく使える「折りたたみ式」のテーブルのこと。
大小2つのテーブルを揃えなくてもピッタリサイズで使えるなんて、とってもスマートだと思うんです。 (´艸`*)なんて便利なテーブル!


でも、天板を折りたたんだり広げたり、作業がいちいち面倒だと使いづらい。その辺のところはどうなんだろうって思いませんか?

では、テーブルを広げてみましょう。

サイドに下がっている天板をひょいっと持ち上げて


補助の脚を動かして天板を支えて


完了です!
(´艸`*)簡単なの~♪


補助の脚(レッグ)をゲート(門)のように開閉するので「ゲートレッグ」テーブルと名前がついたんだとか。
このような折りたたみ式のテーブルは、板(リーフ)を落とす(ドロップ)ことからドロップリーフテーブルと総称されています。


そして、天板を折りたたむことでコンパクトになるのもこのテーブルの特徴なんです。
テーブルってスペースを占める家具だから、折りたたんで壁際にポンと置くだけで部屋が格段に広く感じちゃう。

  アンティークのゲートレッグテーブルは脚のデザインもとってもオシャレですね♪

私が若かりし頃、手狭で窮屈なアパート暮らしの頃にこのテーブルに出逢っていたら
部屋の狭さを気にしなかっただろうし、オシャレな空間を手に入れることができたのになぁ・・・。
( *´艸`)引っ越しの際にも便利だと思う。

しかもこのテーブルは大小様々なサイズが揃っているのも魅力です。

物を持たないシンプルな暮らしにも
家族暮らし・おひとり暮らしの方にも
そして小さく暮らしを整えたい私にも

それぞれにピッタリのテーブルが選べるって素敵だと思いませんか?


メインのダイニングテーブルとして、またはパソコンをしたり仕事をする用のテーブルとして。
お友達とお茶をする機会が多いなら、カフェ風インテリアに活用してもオシャレです。


自由度の高いテーブルがあるだけで、暮らしは格段に楽しくなりそう。
どんなふうに部屋でコーディネートしようかと、私はワクワクしてしまうのです。



自分らしい暮らしにちょうどいい♪


大きく広げて・小さくたたんで。
ゲートレッグテーブルは日々の暮らしに寄り添う工夫が詰まっています。

家族が増えたり、引っ越したり、年齢を重ねるたびに「暮らし」は変わり続けるから、
その時々の自分らしい暮らしにちょうどいいテーブルって、心地良い。

春からの新生活、自分らしい暮らし方をゲートレッグテーブルで楽しんでくださいね。




5年後も10年後も、もっと先まで。

色褪せることなく、あなたとあなたの家族の毎日を素敵にしてくれる。そんなアンティークをビクトリアンクラフトはお届けします。



ご紹介したテーブルはオンラインショップでも販売中です。
  ビクトリアンクラフト オンラインショップはこちらから

  ゲートレッグテーブルのページはこちらから


※オンラインショップに掲載されていない商品については当店までお気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-11-3592 お問い合わせフォームはこちら

掲載されたアンティークやヴィンテージのアイテムは、SOLDになった時点で同じものはございませんのでご了承ください。


ビクトリアンクラフトの情報はFacebookやインスタグラム、ツイッター、LINEブログなどのSNSで随時更新中です。
こちらも併せてご覧くださいね。







法人・店舗オーナーの皆様へ
あなたの店舗をプロデュース お店の立ち上げやファサードの
設計・デザインまで。
オーナー様の想いを
カタチにします。
あなたの店舗をプロデュース
ページTOPへ