コラム2019-02-27

  • HOME
  • 【スタッフコラム 2019-02-27】

日常空間の『美』は ウィリアムモリスの壁紙で

アンティークは夕暮れ時から魅力を増すと思う。

シャンデリアの夢のようなきらめきに照らされて、アンティークたちは室内に淡く濃く、ドラマチックな影を作りだします。


なんだか、古き良きイギリスにタイムスリップしたみたい。
過ぎ去った日々のざわめきまで、聞こえてきそうです。

夜の長い季節はディナーの時間をほんの少しだけ遅らせて、ぜひアンティークに逢いにきて。

夜のビクトリアンクラフトには
昔と今をつなぐ優しい時間が流れています。


壁紙で素敵な空間作り

さて、
最近ビクトリアンクラフトでは店内のトイレの壁を『ウィリアム・モリスの壁紙』でリフォームしました。

いつもの場所・見慣れた風景のはずなのに、ドアを開けると、そこは別空間。
新鮮でドラマチックな風景が目に飛び込んでくるんです。

ほら、素敵。


大人っぽくて、シックで、とっても素敵な空間に仕上がりました。
天井を縁取る白いモールディングもオシャレでしょ?

ここが我が家なら、私、たぶんトイレから出てこなくなる。(´艸`*)ウフフ


下の画像、左2枚がリフォーム前のトイレ。右2枚がリフォーム後です。


以前の花柄も可愛かったけど、モリスの壁紙はぐっと大人っぽくて、美しいと思う。
白い腰板も壁紙に良く似合って良い感じ。腰板があれば気になる湿気や汚れも安心です。(この腰板も当店で扱ってます♪)


マンションなどでは配管や梁のために部屋の角が出っ張っていることも多いものですが、そんな難しい場所もプロの施工なら、まるで装飾のように綺麗に仕上がるの。


リビングや寝室など大きな壁をリフォームするのって、ちょっとハードルが高いけど、こうやって洗面スペースやトイレのような、小さくて身近な空間から冒険してみるってワクワクします。

しかも
必要最小限の物しか置けない空間では壁紙リフォームの効果は劇的。
日常の風景をドラマチックに変えてしまうんです。

とことんこだわる小さな空間

自分が素敵だと思うものだけで空間を美しく作り込むって、とっても素敵で贅沢な時間だと思います。
日常の何でもない場所に、毎日心を華やかにしてくれる特別な空間が生まれます。


今回リフォームしたトイレでは、照明やペーパーホルダー、スイッチパネルまで、全て当店で扱っている物でコーディネートしました。
美しい壁紙との統一感があって、エレガントな空間になっているんですよ。

  照明 - ブラケットはこちら
  DIY - トイレタリーはこちら


モリスの壁紙で内装をこだわりぬいたら、普段は気後れしてしまうようなロマンチックな照明や高級感漂うアンティークミラーにも挑戦してみたくなるから不思議ですね。

  アンティークミラーはこちら


オシャレな家、美しい部屋、エレガントな空間。

憧れを形にしようと、家具を変えたりカーテンを変えてみたり。
でも、どこかパッとしないありふれた風景になってしまうなら

あなたの理想のお部屋作り、モリスの壁紙で叶えてみませんか。

美しい壁紙を生み出した、ウィリアム・モリス

数々の美しい壁紙・ファブリックをこの世に送り出したウィリアム・モリスについて、ここで少しご紹介したいと思います。


ウィリアム・モリス(英1834~1896)はアーツ&クラフトを主導したことで知られる思想家・デザイナー(テキスタイル・壁紙デザイナー)です。

彼は自身でデザインした壁紙・家具・ステンドグラス・カーペット等をビジネス展開したり、さらには詩人・作家として書物を出版するなど豊かな感性を持つ多才な人物でした。

そしてそのビジネスにおいても、近代化・機械による大量生産の中で消えかけていた、美しい伝統的手工芸・技術を残すこと(アーツ&クラフト運動)に力を尽くしたのです。


「美しいと思わないものを家においてはならない」


モリスは手仕事から生み出だされる上質な「美」を求め続けました。

自然をモチーフにした美しいデザインの壁紙で、当時特権階級だけが楽しめた「美」と「芸術」を大衆の生活の中にこそ広めようという理想を生涯追い続けたのです。

「美しいと思わないものを家においてはならない」という彼の言葉は、美への妥協を許さない追及心の象徴ともいえるでしょう。

  当店で扱っているモリスの壁紙はこちらからご覧いただけます


上質という贅沢

ビクトリアンクラフトでは、この美しいモリスの壁紙を実際に手に取って味わえるよう、サンプルを店頭に置いています。

こうやってあらためてテーブルに並べてみると、なんだか着物の反物や帯のようにも見えて、本当に綺麗なの。
壁紙なんですが、これはもう、大きなフレームに入れて壁に飾りたいほど!
モダンな和の趣も感じさせてくれるから、和室の襖(ふすま)紙に使っても素敵です。


見た目のデザインだけでなく、しっかり厚みを感じる手触り、素材の質感もまさに極上。
モリスが生涯をかけてこだわりぬいた「美」に感動して、私、ちょっと涙がでそうになりました。

モリスの壁紙は時代を超えて、今でも人の心に訴えかける美しさがあります。


トータルでコーディネートする、あなただけの特別な空間

壁紙だけでなく腰板や照明・こだわりのドアパーツまで揃うビクトリアンクラフトなら、あなただけの特別な空間をトータルでコーディネートすることが可能です。


特に初めての壁のリフォームって、迷うことも多いと思うんです。

「小さなサンプル画像で選んで取り寄せてみたら、イメージより暗い色だった、派手過ぎた」といったこともあるかもしれません。

「リフォームに興味はあるけど、実際に何から始めたらいいのかわからないし、どこに施工をお願いしたらいいのかもわからない」そんな疑問もあると思うのです。

そんなときこそ施工経験豊富なビクトリアンクラフトを使ってください。
こだわりのイメージを形にするために、施工・室内装飾まで気軽にご相談くださいね。

日常空間の『美』は ウィリアムモリスの壁紙で

毎日の風景にこそ上質の『美』を。

モリスの壁紙は、空間を美しく整えるための舞台装置。まるで音楽を奏でるように心地良く室内に響き渡って、日常を豊かに彩ります。

さあ、壁紙のオシャレを遊び尽くしましょう。


5年後も10年後も、もっと先まで。

色褪せることなく、あなたとあなたの家族の毎日を素敵にしてくれる。そんなアンティークをビクトリアンクラフトはお届けします。

ご紹介したモリスの壁紙はこちらからご覧いただけます


壁紙、リフォームのご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-11-3592 お問い合わせフォームはこちら


法人・店舗オーナーの皆様へ
あなたの店舗をプロデュース お店の立ち上げやファサードの
設計・デザインまで。
オーナー様の想いを
カタチにします。
あなたの店舗をプロデュース
ページTOPへ