和の空間にも良く似合う♪ レトロな雰囲気のステンドグラスドア VC60-39901


通常価格
¥107,800 (税込)
通常価格
販売価格
¥107,800  (税込)
ご成約済み
- ポイント獲得
単価
あたり 
在庫:1

※表記価格は現状出し価格となります。古い金物や金物痕などもそのままの状態でお渡しいたします。
※ドアノブ、丁番、鍵などの金物代および取付代は代金に含まれておりません。
※修復・再塗装オプション(有料)や金物取付オプション(有料)、ドアノブ、丁番、鍵などの金物の販売もいたしておりますのでご利用ください。
※この商品は店頭でも同時に販売しておりますので、ご注文された時にすでに在庫がなくなっていることがあります。予めご了承ください。

お問い合わせはこちら

サイズ 幅75×高さ195.5x奥行3.2(cm)
年代 1930年代【イギリス】
材質 ウッド・ガラス
送料
配送区分G
北海道16,000円
東北12,000円
関東10,000円
北信越・中部10,000円
関西11,000円
中国14,000円
四国14,000円
九州17,000円
沖縄29,000円
出荷日 現状の場合はご注文後3日以内に発送可
補修・再塗装をご希望の場合はご注文後3・4週間かかります。
型番 VC60-39901

Details商品詳細

レトロなステンドグラスがアクセントになった、英国アンティークのステンドクラスドアが入荷いたしました。

はめ込まれたステンドグラスは花のようなモチーフがアクセントになって、レトロな雰囲気満点。
木の木目の表情もユニークなデザインに見える、素敵なドアです。
寒い冬の日の朝も、暑い夏の朝も、陽の光や室内の灯りにキラキラと輝いて目を楽しませてくれそうですね。

周味わい深い趣を見せてくれるアンティークのドアなら、住宅・店舗などのイメージ作りにピッタリです。
横にスライドさせる引き戸として活用すれば、木の風合いを残した和の空間にも良く似合いますよ♪

※アンティークのため、SOLDになった時点で同じものはございませんので、予めご了承下さい。

木の描き出すナチュラルな表情も魅力のアンティークのドア。
エントランスだけでなく室内用のドアとして、プライベートで、または店舗で活用していただけます。

ドアの内側も外側と同じデザインです。

ドアの窓は赤いガラスがアイポイントになった可愛いモチーフのステンドグラスになっています。明かりを通すので、ドアをまわりが明るく軽やかな雰囲気になります。

木目がとてもユニークですね。まるでアートのように印象的な表情。

ドアのサイドはこのようになっています。

アンティークドアは新品ではありません。経年変化による傷等がございますが、アンティークの風合いとしてお楽しみください。

ドアの窓にはめ込まれた、ステンドグラスはレトロな表情が魅力。
色鮮やかなガラスが素敵なアクセントになっています。

表記価格は現状出し価格となります。古い金物や金物痕などもそのままの状態でお渡しいたします。

【現状出しとドア修復・再塗装】

当サイトに掲載しているドアの価格は、すべて“現状出し”価格です。
“現状出し”とは、そのままずばり、掲載してある状態のまま、一切手を付けずにお渡しすることを表しております。

・メリット
アンティークならではの質感や風合いは、やはり現状のままが一番色濃く出ます。
キズや穴、ペンキの落ち具合など、本物ならではの味わいです。
また、価格も表記価格そのままなので一番お求め安くなっています。

・デメリット
ノブや鍵、丁番といった金物が付いているドアも多いですが、動作に関しては一切保証しておりません。そもそも固着して動かなかったり、現在動いていても、明日には固まるかもしれません
またかねて(4隅の直角)が出ていないドアが多いため、ドア枠との間に大きな隙間が出来たりします。

そこで当店では、修復・再塗装オプションをおすすめしております。
古い金物を外し、その後をきれいに埋め、かねてを出すために上下左右を切断(その際若干のサイズ調整が可能です)、古い塗装を落とし、新たにお好きな色で塗りなおすところまで含んだオプションです。

・メリット
ドアの吊元や開き方向も変更可能なので、場所を選ばずに取り付け可能になります。
また、お好きな金物が取り付け可能になります(例えば電子ロックキーなども可能です)。
色も原則市販のペンキになりますが、お好きな色に塗り替えることが可能です。

・デメリット
アンティークらしさは、現状出しに比較すると若干落ちます。
(再塗装しても消えることはなく、アンティークだとは一目でわかりますが)
別途料金が発生します。

上記のように、現状のままご使用いただくのも、当店で修復してからご使用いただくのも、それぞれに長所・短所がございます。
どちらが良いか決めかねていらっしゃる場合は、お気軽にご相談下さい。

商品カテゴリ