一生大切にしたい確かなクオリティー♪ アーコール・レフェクトリーテーブル VC102-147001


通常価格
¥173,800 (税込)
通常価格
販売価格
¥173,800  (税込)
ご成約済み
- ポイント獲得
単価
あたり 
在庫:1

【ご注意ください】
※アンティークやヴィンテージは1点ものです。SOLDになった時点で同じものはござませんので、予めご了承下さい。
※この商品は店頭でも同時に販売しておりますので、ご注文された時にすでに在庫がなくなっていることがあります。予めご了承ください。

お問い合わせはこちら

サイズ 幅152x高さ72x奥行77(cm)
年代 1960年代【イギリス】
材質 エルム
送料
配送区分Free
出荷日 ご注文後10日間(お急ぎの方はご相談ください。)
型番 VC102-147001

Details商品詳細

 

ひと目見て「カッコイイ!」と惚れこんでしまったアーコールのダイニングテーブルです。
インテリアの主役として十分な存在感のあるオシャレなダイニングテーブルは、ダークブラウンの濃いお色が白い壁に良く映えて、室内に素敵なコントラストを描きます。

ナチュラルなライトカラーが人気のアーコール、暗い色の大きなテーブルは「部屋が暗くなるかしら」と思われることも多いのですが、しっとりと落ち着いた雰囲気はダークカラーならではの存在感。明るい色のフローリングやチェアに合わせたり、やわらかなベージュ色のカーペットを敷けば、上質な大人スタイルも思いのままに演出できるんです。
そして、モダンで洗練されたスタイルの中に温かみを感じるのは、木材の特徴を知り尽くしたアーコール家具だからこそ。

アーコールチェアはもちろんのこと、クラシカルなアンティークチェアからミッドセンチュリーのチェアまで組み合わせは自由自在です。ぜひお好みの椅子を並べてお楽しみください。

サイズ/ 幅152x高さ72x奥行77(cm)
年 代/ 1960年代【イギリス】
材 質/ エルム

 

 

クラシカルなエフェクトリーテーブルですが、スッキリとシンプルな形がモダン。一生を通して愛用していただける確かなクオリティが自慢です。
 

 

最大6人でお食事ができる大きさです。
 

 

 

 

ERCOL カタログNo.155 Refectory Table

1950年代から1970年代のカタログに掲載されていました。1980年代以降は同じデザインで奥行を76cmから84cmに変更したNo.756が販売されています。

ダイニングテーブルとしてはもちろんのこと、ワークテーブルとして趣味の道具を広げて使うのもお薦めです。
 

 

 

 

横から見るとこのようになっています。
両サイドの脚にほどこされたカットがクラシックな印象。シルエットが美しいのも魅力です。
 

 

天板は比較的きれいなコンディションです。
 

 

 

 

脚は貫がしっかりと組み込まれています。

どっしりとした脚は素敵な形にカットされていてシルエットが綺麗♪テーブルのアクセントになっています。

脚は当社でしっかりメンテナンスしていますので安心してお使いいただけます。
 

 

アーコール社の古いロゴシールが残っています。

【ERCOL(アーコール)】
1923年、家具デザイナーのルシアン・アーコールニーによって設立された家具メーカー。
エルム材の曲げ木の技術を開発し、1950〜60年代にかけて製作された家具には高いデザイン性とともに、繊細ながらもしっかりとした作りと品質の高さがあり、ロンドンを中心に都市部で人気となったそうです。
日本では、イギリスのデザイナー「マーガレットハウエル」がアーコール社のスタッキングチェアとバタフライチェアを復刻したことで有名になりました。
 

 

当店ではお客様に安心してお使いいただけますよう、補修(メンテナンス)を施してからお届けしております。しかし、アンティークやヴィンテージは新品ではありません。そのため経年変化による傷がございますが、アンティークの風合いとしてお楽しみください。

※家具の足の裏には、床を傷つけないようにフェルトを貼ってからお届けします。もしフェルトを貼る必要がない場合は、ご注文フォームの備考欄に「フェルト不要」とご記入ください。

 

商品カテゴリ